呑香稲荷神社ブログ

岩手県二戸市福岡鎮座の呑香稲荷神社の公式ブログです。 神社のことを知りたい際は、カテゴリの神社紹介をクリック もしくは、目次をご覧ください。

呑香稲荷神社ブログ イメージ画像

更新情報

あっという間に、鳥居が朱くなりました。早送り動画にしてみましたので、ご確認ください。途中、紅白の鳥居になるのが、少し珍しい感があります。
『鳥居塗り替え進捗状況2』の画像

落成から30年となった、神社の大鳥居ですが、だいぶ色が落ちたため、この度、塗り替えることとなりました。折しも、本年は神社が福岡に遷座(天和2年、西暦1682年)してから340年の節目でもあります。鳥居の赤は、魔除けの意味も込められております。未だ収まらない感染
『鎮座340年記念 鳥居修復事業について』の画像

相馬大作没後200年に際して二戸市では様々な事業が計画されております。今回、相馬大作関連の場所に、看板や碑が建てられることになりました。相馬大作神社と遺墨碑にも、看板が設置されました。まだ、説明書きはないですが・・・兵聖閣の跡をはじめ、市内各所に設置され
『紹介看板の設置』の画像

これをもって、全国デビューです。お正月に向けて用意した漆染守は全て頒布となり、新たに奉製を始めております。4月から5月の間には、少し準備が出来るかと思いますのでどうぞよろしくお願いいたします。神社新報は、唯一、歴史的仮名遣いを使っている新聞社です。一般の
『神社新報に漆染守の記事が掲載されました』の画像

2月8日 事始め例年、二戸サントップさんが、針供養に参られます。巣ごもり需要で、編み物される方も増えてきているようです。普段使っている道具への感謝も忘れずに暮らしたいものです。
『針供養』の画像

令和4年2月2日、釜鳴神事を執り行いました。今年は女釜はよく鳴りましたが、男釜は練習も含め鳴りませんでした。練習日は、気温が氷点下10度でしたが、当日は幾分か寒さも和らぎました。寒さに加え、感染症対策もありましたが、本年も、ほとんど例年と変わらず、多くのご
『令和4年 釜鳴神事・どんと祭』の画像

漆染守について、紹介をいただきました。岩手日報、デーリー東北 それぞれから著作物使用許可をいただきこちらでもご紹介いたします。デーリー東北 令和3年12月31日付大きくご紹介いただきました。岩手日報 令和3年12月29日付また、26日には、記者泣き笑いのコーナーでも
『令和3年末の新聞記事』の画像

↑このページのトップヘ