呑香稲荷神社ブログ

岩手県二戸市福岡鎮座の呑香稲荷神社の公式ブログです。 神社のことを知りたい際は、カテゴリの神社紹介をクリック もしくは、目次をご覧ください。

呑香稲荷神社ブログ イメージ画像

更新情報

盛岡まで桜の便りが聞かれるようになりました。二戸ももう少しでしょうか。ということで、一足先に境内ではコブシが咲き始めました。逆光になってしまいましたが、ちらほらと咲いております。画面の右端に、サクラも映っていますが、こちらはもう少し先ですね。
『こぶし咲く』の画像

神社にある絵馬・額などを紹介します。第一回目は「三十六歌仙図」です。通常、皆さんがお参りする拝殿からは見えない位置にあります。神様側から見えるように飾られています。三十六歌仙とは…三十六歌仙(さんじゅうろっかせん)は、藤原公任の『三十六人撰』(さんじゅう
『奉納額(1)』の画像

鳥居をくぐって参道を進み、石段を進んで登ったところに社殿があるのですが、石段の両脇の傾斜の部分はツツジやアジサイが植えられています。ここ、非常に落ち葉がたまりやすくなっていてそのうち腐葉土にならないかな、と期待しているのですが、もちろん、一冬こえても、落
『シバザクラ』の画像

ようやく春が近づいてきた二戸。昨日も20度近くまで気温が上がりました。今日は、雲がかかっているのでほどほどの気温ですけれどね。境内では、いち早くつつじが花を咲かせました。花や木にはあまり詳しくないのですが、グーグル画像検索で調べたので、たぶんツツジで合っ
『ツツジが咲きました。』の画像

お友達の遠野市の遠野郷八幡宮の多田禰宜さんから使わなくなったブロワーを譲り受けました。神社といえば、竹ぼうき。竹ぼうきといえば神社ですが、広い境内を竹ぼうきで掃除するのは、けっこう大変なものです。よく見る風景として時間をかけてきれいに掃き清められたなぁ、
『ブロワー導入』の画像

二戸市立図書館の近くに相馬大作のモニュメント(志行雄偉(しこうゆうい)の碑)があります。遠目からだと何やらわからないですが相馬大作の親友 細井象水が、相馬大作を評した言葉である「志行雄偉 真に天下の奇男子なり」から名付けられたようです。グラフィックデザイ
『相馬大作のモニュメント』の画像

呑香稲荷神社は「とんこういなりじんじゃ」と読みます。地元では「どんこう」と濁音で呼ばれることもあります。また単純に「いなりさん」とも呼ばれます。当社は、延暦20年(801年)に出羽国(現在の山形県)の大物忌神社(おおものいみじんじゃ)を勧請し浄法寺村稲庭
『呑香稲荷神社由緒』の画像

四月に入り、二戸も暖かくなってきました。神社では、暖房は反射式ストーブに頼っていますが、灯油もちょうどよくなくなりましたのでストーブを奥にしまいました。ところが、この数日間、また冷え込み…ましてや社務所は、風通しがいいので暖房なしでは風邪をひいてしまいそ
『暖をとる』の画像

↑このページのトップヘ