呑香稲荷神社ブログ

岩手県二戸市福岡鎮座の呑香稲荷神社の公式ブログです。 神社のことを知りたい際は、カテゴリの神社紹介をクリック もしくは、目次をご覧ください。

呑香稲荷神社ブログ イメージ画像

更新情報

神代神楽(しんだいかぐら・じんだいかぐら)は、当社に伝わる神楽です。天保3年(1832年)に盛岡馬町の金蔵、兵蔵、佐七の神楽士を招いて教えを受けたのが始まりといわれています。南部藩主利敬公の奉納品である面二十余種と衣装十点が現在に伝えられています。神楽殿
『神代神楽』の画像

お祭りも終わり一段落、初夏といってもいい陽気になってきました。あっという間に草も伸び。というわけで、草むしりの時期到来です。施行後。斜面での作業は大変です。が、参拝の方々に「頑張ってるね」と声をかけられました。境内も徐々に緑が鮮やかになり鎮守の杜らしく整
『草むしり』の画像

出歩いてばかりですが・・・研修会のため、久慈市の大神宮に行ってきました。場所は久慈の道の駅、土風館の近く。久慈秋祭りの中心の神社です。去年は台風による水害で辺り一帯が水浸し。大変な状況でしたが、未だ久慈渓流で工事が進められていて見えない部分でもまだ元通り
『大神宮(久慈市八日町・29.5.10)』の画像

東京出張しています。 言わずと知れた明治神宮へ。 現在、修復作業中とのことです。 下の写真の社殿は、 覆っている幕に印刷されている写真です。 遠くから見るとわからないですね。 明治神宮といえば、 やはり杜です。 これが、人工の森ということで、
『明治神宮(29.5.8)』の画像

先日、大崩崖に、蒲生氏綱公の墓標の準備をしましたが、4月末日に神楽社人が下見をし、本日5月6日、9名で大崩崖に向かいました。少し、というかかなりわかりづらいですが、鳥越観音側から登ります。男神・女神岩と、馬淵川を挟んで反対側にあるのが大崩崖です。千本桜(
『大崩崖へ。』の画像

紫波町の志和稲荷神社の例祭は5月5日に行われます。今回は、お手伝い(助勤)としてご奉仕してまいりました。神社によって、お祭りの風景も違います。勉強させていただきました。
『志和稲荷神社(29.5.5)』の画像

4月24日に、大船渡市の熊野神社総代会ご一行に当社正式参拝いただきました。写真撮り忘れましたので…いただいた写真を写真に撮って掲載いたします。中央の宮司さんは、気仙支部の事務局も務められて、大変お世話になった方です。東日本大震災の際も、熊野神社さんは避難
『正式参拝』の画像

当社の特殊神事、「湯立神事」のご紹介です。湯立神事 通称「おゆだて」は、境内の砂場に「くがなべ」を据え置き、そこでお湯を沸かして、そのお湯を参拝者に振りかけることにより罪穢れを清める(お祓い)する神事です。毎年、5月2日に行われています。祭儀はまず五穀豊
『特殊神事 湯立神事』の画像

↑このページのトップヘ