001

呑香稲荷神社は
「とんこういなりじんじゃ」と読みます。

地元では「どんこう」と濁音で呼ばれることもあります。
また単純に「いなりさん」とも呼ばれます。

当社は、
延暦20年(801年)に
出羽国(現在の山形県)の大物忌神社(おおものいみじんじゃ)を勧請し
浄法寺村稲庭嶽に祀ったのが始まりと言われています。

貞元親王(清和天皇の第三皇子)の孫にあたる
源重之の母親が託宣により宮野の里に遷座し
稲荷大神と称えていましたが、
九戸政実と豊臣軍の戦いがあり、
戦乱を避けていったん津軽に遷座しました。

宮野落城により、別城である松の丸を修理増築して
二十六代南部信直公が移られ
宮野は福岡と改められました。
稲荷大神は、二戸郡漆沢村に御遷幸となりました。

二十七代利直公の時、
秋田城之介の家臣であった小保内源左衛門が
主家没落のため今の盛岡市仙北町で南部家に仕えていましたが、
もともとの南部家臣たちから後ろ指をされるのに憤慨し
北に向かいました。
二戸郡漆沢村に至った際、その夜に霊夢がありました。

稲荷大神より宮野の地に祭るよう信託をうけた源左衛門は、
翌朝福岡城下に赴き、
三日町(現在の五日町)が清浄の地としてふさわしいと考え、
一祠を建立しました。

そして、天和2年(1682年)、2月3日の夜に遷座となりました。

そのころ、南部氏の幼君が疱瘡を病みましたが、
幼君は枕元に白髪白衣の老人がありて我を看護せり、
この老人は稲荷大神なり決して心配すべからずと話し
それから南部氏の稲荷大神への崇敬がいよいよ厚くなりました。

天和3年(1683年)に呑香稲荷大明神の神号を受けています。

神号を受けて以来、代々の南部藩主が崇敬しました。
中山より北の総鎮守として、農業・商業・漁業・工業の守護神として
厚い信仰を受けてきました。

ご祭神は
宇迦廼御霊命(うかのみたまのみこと)

藩政時代には神輿渡御の際の警護役の
前駆、後乗には千石格の士が指名される慣例であったため、
千石の格式があるといわれてきました。

例祭日は9月5日で、
戦後は、秋葉神社、愛宕神社と合同した三社祭として
9月5・6・7日に秋祭りを行ってきました。
(現在の二戸祭は9月第1金・土・日に行われています。)

呑香稲荷神社のお祭りは「三社祭」と言われていますが、
もともとは、
尻口山のオセド山(オセド=お伊勢堂)の山中にあった神明社(後に五日町に遷座)、
宮野八幡平にあった八幡宮を合祀したため、
三社と呼ばれました。

旧暦正月二日には、
釜鳴神事、
新暦五月二日には、
境内にて湯立神事が行われ、
多くの氏子崇敬者の方が参列されています。

「呑香」の名称は、
アイヌ語で
トン・・・輝く
コ・・・日
の意味とされ、
日月のごとく照り輝く
と解されています。