呑香稲荷神社ブログ

岩手県二戸市福岡鎮座の呑香稲荷神社の公式ブログです。 ゆくゆくは、HP化する予定。 神社のことを知りたい際は、カテゴリの神社紹介をクリック もしくは、目次をご覧ください。

呑香稲荷神社ブログ イメージ画像

2017年06月

アジサイが咲き始めました。私も最近までサラリーマン生活のような感じでしたので神社だけになったら暇になるよ、と周囲から言われていたのですが、神社の仕事で暇、ってことはないと思います。神職で30代はまだ「ひよっこ」ですしから勉強しなければなりません。掃除には
『普段何をしているのか』の画像

盛岡市、都南公民館の生涯青春講座の館外学習ご一行が来社されました。一戸町の御所野遺跡の見学がメインだったようです。宮司が由緒や二戸のこと等々をご説明。この後、九戸城跡も見学されるようで、目いっぱいの日程のようです。みなさんお元気で、和やかな雰囲気でした。
『都南公民館生涯青春講座』の画像

昨日、ちょうどいい雨が降ったので、本日は、一日草むしり、草刈作業です。ちなみに、施行前は、こんな感じでした。神社側は、ひたすら草を抜いていきますが、半日かかっても、あまりはかどりません。ようやく、稲荷文庫前が少しきれいになりました。他のところをやっている
『雨の後』の画像

神社の中にある、巨大な油絵。高さはおよそ170センチです。これは、当社神代神楽の一場面を描いたもので、八岐大蛇(ヤマタノオロチ)が、酒を飲んでいるところです。鬼のような面をつけているのも、後ろの白衣の人も、神楽社人ということです。
『奉納額3』の画像

いつの頃からか、はびこっているドクダミです。花が咲き始めました。もはや、手の施しようがないくらい石段脇に、群生しております。むしろ、ドクダミだけにした方が映えるのではないかと思うほど。ドクダミ茶にしたい方は、ご自由にどうぞ。
『ドクダミ』の画像

スマホでは、雨は映せないですが、お昼過ぎから降り出しました。晴天の日が続いていたので、草木にとっても、農家にとっても恵みの雨ですね。とは言うものの、広い範囲で大雨警報が。最近、天気が極端なことが多いようです。外出の際は、お気をつけください。 関東地区で
『雨です』の画像

大作神社に向かって左手に大きな碑が立っています。下斗米将真、相馬大作の遺墨碑です。碑面には、大作自筆の果たし状(隠居勧告文)、藤田東湖作、吉田松陰自筆の大作伝が刻まれています。大作神社の移転より早く明治42年に建設されました。建設に尽力したのは、『下斗米
『下斗米将真(相馬大作)遺墨碑』の画像

当社境内に鎮座する大作神社を紹介します。祭神 相馬大作(下斗米秀之進)相馬大作が処刑された後、盛岡城内の清水御殿にあった大黒天のそばに新しい神社が建立されました。名前を「光孝社」と呼びます。代々の藩主がひそかに崇敬をしているこの社は相馬大作を祀った神社で
『大作神社由緒』の画像

↑このページのトップヘ